CATEGORY

滑走路・管制

Q
羽田空港のランプ内では旅客機のほか、さまざまな“働く車”を見ることができます。では、次の写真は何のための車でしょうか?   
①ハイリフトトラック ②ベルトローダー ③給水車 ④電源車
A
③給水車

空港ランプ内を眺めていると、飛行機の運航を支えるべく、たくさんの“働く車”が使用されていることに気づきます。中には遠目には用途が分からない、シンプルなトラックが機体に接続されていることがあります。このトラックは機内で使用する「飲料水」などを運ぶための給水車で、必要に応じて新鮮な清水(キレイな水)を機体に補充しています。また、お手洗いなどで使用された水は汚水専用のラバトリーサービスカーが別途回収しており、衛生面もしっかりと保たれていますからご安心を!

答えを見る 閉じる
更新日:2022/06/03
Q
空港に着陸する飛行機や出発する飛行機を安全、かつ効率的に誘導する管制塔ですが、羽田空港は2022年5月現在、日本一の高さを誇ります。では、その高さは何mでしょうか?
①87.3m ②95.7m ③105.7m ④115.7m
A
A:④115.7m

東京ドーム約320個分、1516ヘクタールという敷地面積を誇る羽田空港。2010年には空港南側に4本目の滑走路が完成したことで、広い空港を見渡すために、合わせて新たな管制塔が建設されました。その高さは管制塔としては日本で最も高く、25階建てのビルにも相当する115.7メートルを誇ります。ちなみに、第2位は2020年に第2滑走路の運用が始まった那覇空港の88メートル、第3位は成田空港の87.3メートルです。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/05/27