CATEGORY

飛行機

Q
国際線も数多く就航する羽田空港。では、この尾翼はどの航空会社?
①デルタ航空 ②エールフランス ③ブリティッシュ・エアウェイズ ④ユナイテッド航空
A
④ユナイテッド航空

2010年の第3ターミナル(旧国際線ターミナル)供用開始に合わせて、再度、本格的な国際線運航が再開した羽田空港。アメリカ本土と羽田を結ぶ路線にはJAL、ANAのほか、デルタ航空とユナイテッド航空が就航しています。シカゴ線とサンフランシスコ線に就航するユナイテッド航空は日本でもお馴染みの航空会社のひとつ。同社は2010年に同じくアメリカのコンチネンタル航空と対等合併、社名はユナイテッド航空を継承しましたが、機体塗装はコンチネンタル航空のデザインを受け継ぎました。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/11/9
Q
日本で最も年間利用者数が多い路線と言えば「羽田=福岡」線。羽田発は1日あたり何便が運航されている?
①約40便 ②約50便 ③約60便 ④約100便
A
③約60便

羽田空港からは日本各地をカバーする航空路線が就航していまます。中でも羽田=福岡線と羽田=新千歳線は群を抜く利用者数を誇ります。コロナ禍により、航空旅客数は減少しましたが2021年の羽田=福岡線の利用者は約407万人、羽田=新千歳線は約376万人が利用しました。また、2022年は回復傾向にあり、6月の羽田=福岡線は約51万人が利用しています。これだけの人々が移動する羽田・福岡間ですから、同区間はJAL、ANA、スカイマーク、スターフライヤーの4社が就航しており、8月は出発・到着とも1日約60便が運航されました。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/10/28
Q
航空会社の機体デザインは10年、20年と長きにわたって使用されます。これは羽田でもお馴染みの航空会社の先代塗装を再現した機体の尾翼ですが、どの航空会社でしょう?
①ANA ②JAL ③ルフトハンザドイツ航空 ④日本トランスオーシャン航空
A
①ANA

ルネサンス期を代表する芸術家、また科学者として知られるレオナルド・ダ・ヴィンチ。彼は数々のスケッチや設計図を残しましたが、その中にはヘリコプターの原型となるアイデアも描かれていました。ANAは2012年までダヴィンチのヘリコプターをモチーフとしたデザインの社章を使用していました。また、機体のデザインは変更されていますが、ヘリコプターの社章は設立時から継承され、1969年から1989年まで使用されたモヒカン塗装でも尾翼に描かれていました。このモヒカン塗装は2009年に特別塗装機として復刻、2014年の夏頃まで運航されました。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/10/19
Q
旅客機の機首部分は機種によって特徴のあるデザインとなっています。では、大きい4枚のコクピットウィンドウが特徴のこの機種は何でしょう。
①ボーイング767 ②ボーイング787 ③エアバスA320 ④エアバスA350XWB
A
②ボーイング787

ボーイングとエアバスと言えば、アメリカとヨーロッパを代表する2大旅客機メーカー。ボーイングでは初のジェット旅客機707シリーズ以降、エアバスも1970年代初頭にデビューした同社初の旅客機A300シリーズ以降、コクピットウインドウは6枚がスタンダードでした。操縦席の窓は気圧や温度の変化に加えてバードストライクなどに備え、高い強度も必要とされます。2011年、ANAが世界に先駆けて運航をスタートしたボーイング787は、従来機と異なり操縦席は大きなガラスの4枚窓を採用しました。これは製造技術の向上により、大きな曲面ガラスでも十分な強度が確保できるようになったこと、また大型4枚窓にすると視界が広いことから採用されています。一方で、従来は一部の窓が開閉できましたが、787は4枚とも固定式。そこで緊急時用にコクピット上部にハッチが備わっています。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/10/19
Q
JALやANAで活躍する中・大型旅客機ボーイング787。そのエンジンは、正面から見てどちら回りでしょうか?
①左右両エンジンとも右回転(時計回り) ②左エンジンは左回転・右エンジンは右回転 ③左エンジンは右回転、右エンジンは左回転 ④左右エンジンとも左回転(反時計回り)
A
①左右両エンジンとも右回転(時計回り)

2011年に就航したボーイングの新型旅客機、787シリーズ。新世代の旅客機らしく、エンジンも燃費が良く、環境性能に優れるGE(米・ゼネラル・エレクトリック)製「GEnx」と英・ロールス・ロイス製「Trent1000」の2種類が用意されています。旅客機のエンジンは前から見た場合、ファンと呼ばれる一番前の羽根は左右とも同じ方向に回転しますが、「時計回り・右回転」のメーカーと「反時計回り・左回り」のメーカーがあります。そして、アメリカ系のエンジンは反時計回り、イギリス系は時計回りというのが一般的です。例えば、長距離国際線を飛ぶボーイング777-300ERが搭載するGE90-115Bエンジンは反時計回り、問題の787シリーズが搭載するロールスロイスTrent1000は時計回りです。しかし、787になどに搭載されるGEnxエンジンは、設計・構造の関係からアメリカ系としては珍しく時計回りとなっています。つまり、ボーイング787はどちらのエンジンを搭載していても、正面からエンジンを見ると時計回り・右回転なのです。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/09/22
Q
近くで見るとその大きさがわかる旅客機ですが、それでもなかなかピンとこないもの。ANAの幹線で活躍するボーイング787-9の長さは、山手線を走る電車の何両分に相当するでしょうか?
①1両分 ②2両分 ③3両分 ④4両分
A
③3両分

羽田=伊丹線や羽田=那覇線といった国内幹線のほか、羽田=フランクフルト線などの国際線でも活躍するボーイング787-9。国内線仕様では375席と395席、国際線仕様では215席と246席の座席を備える中・大型機で、展望デッキから眺めても「大きいな」と感じる存在です。その全長は62.8メートル、全幅は60.1メートル、尾翼部分の高さもビル4〜5階にも相当する約17メートルという大きさです。JR山手線のE235系は1両あたり約20メートルなので、3両分にも匹敵する長さなのです。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/09/22
Q
羽田空港は日本最大の空港で、国内の多くの空港と路線ネットワークが結ばれています。北は北海道から南は沖縄まで全国津々浦々網羅しています。では、下記のうち、羽田空港から定期直行便のない空港はどれでしょうか?
① 仙台空港 ②庄内空港 ③三沢空港 ④能登空港
A
①仙台空港

2022年9月現在、羽田―仙台の直行便はありません。その理由としては、東北新幹線の利便性と東京からの距離、また羽田空港の発着枠の問題があります。以前はアイベックスエアラインズ(IBEX、IBX/FW)が成田-仙台線がありましたが、今は運休しています。ただ、電車の一部区間で運休などがあると、羽田ー仙台を結ぶ臨時便を運航することがあります。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/09/16
Q
新型コロナウイルスの影響で縮小を余儀なくされていた国際航空ネットワークですが、段階的に正常化へ向けて動き出しています。日本と韓国間の路線も徐々に再開し、多くの人たちが利用しています。では、以下のうち、羽田=金浦の定期便がない航空会社は?
①大韓航空 ②ANA ③JAL ④Peach
A
④Peach

日本からもっとも近い海外といえば、日本海を挟んだお隣の国である韓国。日本の首都・東京と韓国の首都・ソウルを結ぶ路線は主に、羽田=金浦線、成田=仁川線が運航されています。(羽田=仁川線もあります)。2022年9月現在、大韓航空は羽田=金浦線と成田=仁川線、ANAとJALも羽田=金浦線を運航しています。Peachはコロナ禍以前、国際線として羽田=仁川線を運航していましたが、現在は運休となっています。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/09/16
Q
JALが2019年から導入を勧めているエアバス製の新型機A350XWB。現在は国内線用のA350-900が16機あり、羽田=新千歳、羽田=伊丹、羽田=福岡など幹線で活躍しています。1号機から3号機までは特別塗装で、胴体後部に大きくA350と描かれており、その文字は2号機が「銀」、3号機は「グリーン」となっています。では、記念すべき1号機は何色でしょうか。
①黄 ②赤 ③ブルー ④ゴールド
A
②赤

JALが初めて導入したA350-900は、JALのシンボルカラーでもあり“挑戦”を示す『JAL RED』(赤)の特別塗装を採用。胴体後部に赤い文字で「AIRBUS A350」と大きく描かれています。ちなみに、2号機はイノベーションによる“革新”を表すJAL SILVER(シルバー)、3号機は地球環境に配慮し、持続的な成長を目指す“エコ”のJAL GREEN(グリーン)で描かれています。特別塗装にも航空会社のポリシーなど、しっかり意味が込められているんですね。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/09/09
Q
羽田空港から西へ向かう飛行機で楽しみなのが、窓から見える雄大な富士山の姿です。では、次のうち飛行機の右側に富士山を見ることができるのはどのルートでしょうか?
①羽田発伊丹着便 ②羽田発福岡着便 ③羽田発広島着便 ④羽田発千歳便
A
①羽田発伊丹着便

空港を出発した旅客機は空にある見えない道「航空路」を飛行して目的地へと向かいます。旅客機はクルマのように、急角度での右折・左折やバックはできませんから、到着時の空港への着陸まで考えた効率の良い航空路を組み合わせて飛行します。例えば、羽田を出発して西に向かう場合でも、伊丹便、福岡便、広島便では異なるルートを使用します。福岡便や広島便は羽田を離陸後、東京都西部の上空を飛行して西に向かうため、富士山は進行方向の左手に見えます。一方、伊丹便は離陸後、太平洋側の三浦半島や伊豆半島上空を通過するルートを進むので、進行方向の右手に富士山が見えます。いずれの場合も羽田空港を離陸して約10~15分ほどで富士山が見えるので、西行き便にご搭乗の際はチェックしてみてはいかがでしょうか。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/08/19
Q
最高気温35度を超えることも珍しくない東京の夏。羽田から飛行機でお出掛けの際、機内に乗り込むとしっかり冷房が効いています。さて、出発を待つ駐機中の飛行機はどうやって機内の温度を調整しているのでしょうか。
①メインエンジンを使用してエアコン ②補助エンジン(APU)を使用してエアコン ③窓を全開にして気温の上昇を防ぐ ④地上からホースで冷たい空気を供給
A
④地上からホースで冷たい空気を供給

夏は涼しく、冬は暖かい旅客機のキャビン。飛行中は主翼や胴体に備わるエンジン、駐機中は機体後部に内蔵された補助エンジンを動力源としてエアコンを使用できます。とはいえ、環境問題への取り組みも欠かせない昨今では、駐機中に使用する補助エンジンについてもさまざまな取り決めがあります。羽田空港の場合は「固定式GPUを備えた駐機場を使用している場合はAPUの使用を次のとおり制限する。・出発機のAPU使用時間は、出発予定時刻前の30分以内とする。・到着機はスポット到着後、速やかにGPUに切り替える」と国土交通省発行の航空路誌にも記載されています。GPUとは『地上動力装置』のことで、地上の電力で空調装置を動かして作った冷たい空気を、太いホースを通じて、機体に供給しています。駐機した飛行機の近くの地下ピットから蛇腹状のホースが機体下部に接続されている様子は展望デッキからも見えますよ。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/08/12
Q
皇室関係者や総理大臣など、国のVIPが外国を訪問する際に乗る「政府専用機」。羽田空港において出発・到着するときは、おもに第2ターミナル北側にあるVIP専用スポットを使用します。しかし、航空自衛隊が運航を担当する政府専用機を普段、羽田で見かけることはありません。では、どこで待機しているでしょうか。
①横田基地 ②千歳基地 ③三沢基地 ④小松基地
A
②千歳基地

政府では総理大臣や皇室関係者といった要人の外国訪問や国際会議への出席を目的に政府専用機を2機保有しています。初代のボーイング747-400型機が導入されたのは1991年で、2019年まで20年以上にわたって活躍しました。現在の2代目はボーイング777-300ER型機で、2018年に2機を受領しています。運航を担当しているのは、司令部を北海道の千歳基地に置く航空自衛隊の特別航空輸送隊で、同基地内に専用の格納庫があります。

写真出典:航空自衛隊HPより引用

https://www.mod.go.jp/asdf/equipment/yusouki/B-777/index.html

答えを見る 閉じる
更新日:2022/08/12
Q
羽田空港は各国の航空会社が就航しており、さまざまな旅客機が飛来します。定期便として就航したことのある旅客機のうち、最も全長が長い機体はどれでしょうか。
①エアバスA340-600 ②ボーイング777-300ER ③ボーイング787-10 ④ボーイング747-8
A
④ボーイング747-8

国際線も再開しつつある羽田空港。2022年8月現在、定期便として就航する機体のうち、最も全長が長いのは、ルフトハンザドイツ航空がフランクフルト=羽田線で運航する「ボーイング747-8」。その全長は76.3メートルと、東海道新幹線の先頭車両(約27.4メートル)に中間車両(25メートル)を2両繋いだ長さとほぼ同じです。他の機種も①のエアバスA340-600は約74.8メートル、②のボーイング777-300ERは73.9メートル ③のボーイング787-10は68メートルと、いずれもかなりの大きさです。総2階建ての超大型旅客機、エアバスA380は試験飛行で飛来したことがありますが、定期便での就航はありません。また、A380も全長約73メートルと、747-8やA340-600よりやや短いのです。ちなみに、ルフトハンザのフランクフルト=羽田便は週3日の運航で、火曜日・木曜日・土曜日の羽田に朝9時45分に到着、11時35分にフランクフルトに向けて出発します。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/08/05
Q
羽田空港は国内の多くの空港と就航を結んでいます。では、羽田空港発の路線で最も区間マイルが短いのはどこでしょうか?
①名古屋 ②富山 ③山形 ④八丈島
A
②富山

飛行機でお出掛けというと遠くをイメージしますが、意外にも羽田からは比較的近距離の路線も運航されています。では、航空会社による区間マイルを見てみましょう。
①の羽田=名古屋(JAL、ANA)は193マイル、②の羽田=富山(ANA)は176マイル、③羽田=山形(JAL)は190マイル、④の羽田=八丈島(ANA)は177マイルとなっています。羽田=富山と羽田=八丈島は1マイル差ですが、ご存知のとおり八丈島は東京都。なんと、東京都発=東京都着の路線でもあるのです。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/07/08
Q
大きな旅客機を間近で見られるのが空港での楽しみの一つです。では、JAL(日本航空)やANA(全日本空輸)ともに運用している旅客機ボーイング787のメインギア(胴体中央にある主脚)に装着されるタイヤの直径サイズは? 
①40インチ(約1m) ②50インチ(1.3m) ③60インチ(約1.5m) ④70インチ(1.8m)
A
②50インチ(1.3m)

ボーイング787-8は全長56.7メートル、全幅60.1メートル、最大離陸重量約228トンという中・大型旅客機。この大きな機体が地上を走行するときは前脚に2本、主脚に8本備わるタイヤが機体を支えています。また、機体の重量は主にメインギアが支えており、「50×20.0
R22」というサイズのタイヤが装着されています。この数字はタイヤ直径50インチ(約127cm)、タイヤ幅20インチ(約51cm)、ホイールサイズ22インチ(約56cm)を意味しています。このタイヤは旅客機の重量を支えながら、着陸時で時速250km、離陸時は時速350kmというスピードに耐えるだけなく、着陸時の表面温度は250℃、上空ではマイナス45℃という温度差にも耐えなければなりません。そのため、性能を維持するべく約350回の離着陸で接地面のゴムの張り替えを行います。また、この張り替えは3回まで可能となっています。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/06/17
Q
羽田空港を彩る旅客機の数々ですが、中でも特別塗装機は空港を訪れる人たちの目を惹きつけ、魅了します。特別塗装機はスペシャルマーキング機(スペマ機)とも呼ばれ、人気キャラクターや映画などとコラボレーションされた機体も少なくありません。では、日本のアニメの中で、特別塗装機となっていないものは以下のうちどれでしょうか? 
①ポケットモンスター ②ドラえもん ③エヴァンゲリオン ④鬼滅の刃
A
③エヴァンゲリオン

ウミガメをモチーフにした塗装が愛らしいANAの”フライングホヌ”、航空連合であるワンワールドのロゴが大きく描かれたJALのA350-900など、じつに多彩なカラーリングを展開する特別塗装機。中でも、アニメーション作品を題材とした特別塗装機は抜群の人気を誇ります。人気アニメ・ゲームであるポケットモンスターは、古くはANAのポケモンジェットやピカチュウジャンボ、お花ジャンボなどが運航されていました。また、現在ではスカイマークの「ピカチュウジェットBC」、AIRDOの「ロコンジェット北海道」、ソラシドエアの「ナッシーリゾートin 宮崎号」が運航中です。ドラえもんはJALが2016年から「ドラえもんJET」を運航したほか、映画タイアップ機も運航していました(現在はいずれも運航終了)。新しいところではANAが人気アニメ「鬼滅の刃」とのタイアップにより、「鬼滅の刃 じぇっと -壱-」「鬼滅の刃 じぇっと -弐-」の2機を運航しています。残念ながらエヴァンゲリオンの特別塗装機はこれまで運航されてはいませんが、2012年にはANAがエヴァンゲリオンとのコラボを実施、オリジナルグッズなどが製作されました。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/06/03
Q
羽田には大小さまざまな旅客機がやってきますが、定期便でイチバン小さな機体は何人乗り?
①30人 ②95人 ③120人 ④150人
A
②95人

東京、そして日本の空の玄関口でもある羽田空港。札幌や大阪、福岡といった大都市に向かう便が数多く行き交いますが、地方都市と羽田を結ぶ便も少なくありません。JALグループのJ-AIRは数多くの地方路線を運航するリージョナルエアラインで、76人乗りの「エンブラエル170」と95人乗りの「エンブラエル190」で運航しています。羽田からは山形行きと三沢行きの便でエンブラエル190が使用されています。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/04/27
Q
羽田空港の国内線は何社が就航している?
①4社 ②6社 ③9社 ④22社
A
③9社

現在、日本には旅客機で定期便を運航する航空会社が22社あります。羽田空港の国内線の案内板ではJAL、ANA、スカイマーク、AIRDO、ソラシドエア、スターフライヤーの6社として表示されますが、細かく分けるとJALグループのJ-AIR、JTA(日本トランスオーシャン航空)、ANAグループのANAウイングスが運航している便もあります。便名はJ-AIRやJTA便もJAL便として、ANAウイングスもANA便として運航されていますが、羽田の国内線は多くの航空会社によって運航されているのです。

答えを見る 閉じる
更新日:2022/04/27